ここから本文です

広島、9回に巨人澤村から3得点 キクマルで逆転、マジックは「18」に

Full-Count 8月25日(木)21時6分配信

1点を追う9回に菊池が同点打、丸が勝ち越し打

 広島は25日、敵地・巨人戦で6-4の逆転勝ち。1勝1敗で迎えた首位攻防戦第3Rを制し、前日に点灯した優勝へのマジックを18に減らした。試合後半からジワジワと追い上げ、9回に守護神・澤村から菊池が同点打、丸が勝ち越し打を放つなど3得点で逆転。2位巨人とのゲーム差は「9」。25年ぶりのリーグ優勝へ、勢いを加速させている。

 先手を取ったのは巨人だった。3回、2死から橋本到が四球で出塁し、坂本が打席へ。広島先発・九里から左翼線への二塁打を放った。さらに、阿部が四球で2死一、三塁とすると、村田が2ボール1ストライクから九里の直球をジャストミート。バックスクリーン右へ運ぶ3ランで、4-0とした。

 しかし、ここから広島がジワジワと追い上げる。6回に鈴木のタイムリーで1点を返すと、7回は菊池のタイムリーも飛び出した。さらに、8回には鈴木が左中間へ豪快なソロを放ち、ついに1点差とした。

 先発・九里はKOとなったものの、広島は救援陣が好投。5回から登板した2番手・大瀬良が2イニング、3番手・薮田が1イニング、4番手・一岡が1イニングを無失点に抑え、5回以降はスコアボードにゼロを並べていった。

 試合は巨人1点リードのまま最終回へ。巨人は守護神・澤村をマウンドに送る。広島は先頭の代打・松山がセンター前ヒット。代走・赤松を送り、続く代打・西川はきっちりバントを決める。田中は二ゴロに倒れて2死三塁となったが、菊池が三塁内野安打。同点に追いついた。さらに、続く丸は右翼線への二塁打を放ち、菊池が一塁から一気に生還。ついに試合をひっくり返した。新井も中前適時打で続き、6-4とした。

 9回は守護神・中崎がしっかり締めくくり、カード勝ち越し。優勝へのマジックを18とした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月25日(木)21時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)