ここから本文です

白星スタートを切れなかったインテル、CEO「38試合あるうちの最初の1試合を落としただけ」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/25(木) 22:00配信

スクデットをかけて戦ってもらいたい

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは24日、ホーム開幕戦を前にサン・シーロで『Inter Night』というファン感謝イベントを行った。

そのイベントの際、インテルの最高経営責任者であるマイケル・ボーリングブローク氏が登場。スピーチを行い、次のように述べた。クラブの公式サイトが伝えている。

「2年連続でファンの皆様に『Inter Night』で挨拶をすることができて誠に光栄です。昨季はより良い順位で終えたかったので、少し残念です。でも我々はヨーロッパリーグに戻って来ることができました」

「今夏、たくさんの変化がインテルでは起きました。まず、クラブの新オーナーに蘇寧グループが就任。この結果、近代サッカーでとても重要となる資金源を確保することができました。次に、チームの力となってくれるであろう選手たちと、たくさんの契約を結びました。そして最後に監督の交代。今のインテルがあるのはロベルト・マンチーニのおかげです。彼の功績のおかげで、今の位置までクラブを持ち直すことができました。これからフランク・デ・ブールがインテルをチャンピオンズリーグの舞台に戻すための手助けとなったでしょう」

「我々インテルは強くなければなりません。開幕戦のキエーボ戦を落としてしまいましたが、38試合あるうちの最初の1試合を落としただけです。選手たちには己を奮起し、スクデットをかけて戦ってもらいたいです」

CEOやファンなどの期待にインテルの選手たちが応え、今季はなんとしてもチャンピオンズリーグの出場権を獲得したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/25(木) 22:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。