ここから本文です

メルセデスがベルギーで「ハロ」を初テストへ。オー・ルージュでの視界に注目

オートスポーツweb 8月25日(木)8時32分配信

 ベルギーGPでメルセデスがコクピット保護デバイス“ハロ”のテストを行う予定であることが分かった。

2016年シルバーストンテスト レッドブルがハロをテスト

 ドライバーの頭部を守るための“ハロ”の来季F1導入が検討されていたが、テストが不十分であるとして、7月末、導入の延期が決まった。FIAは、「ドライバーの安全性を大幅に強化するため、2018年シーズンにコクピット前部保護物をF1カーに導入することに、満場一致で同意した」という声明を発表した。
「評価の一環として、今シーズンと2017年シーズン序盤にプラクティスセッションにおいてコース上で“ハロ”システムのテストを多数実施する」

 ここまでハロのテストとしては、フェラーリとレッドブルがインスタレーションラップを走ったのみだが、ストラテジーグループは、正式導入を決める前にドライバー全員にこのデバイスを経験させる必要があるという点で合意している。

 ベルギーGPの金曜プラクティスで、ニコ・ロズベルグがハロデバイスを装着して走る予定であることを、メルセデスのスポークスパーソンが複数のメディアに対して認めている。スパ・フランコルシャンでのテストでは、急勾配のオー・ルージュ走行時の視界に関心が集まりそうだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月25日(木)8時36分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。