ここから本文です

ホンダ、新型NSXを17年2月27日に発売。八郷社長「NSXを買うのはホンダ社員の夢」

オートスポーツweb 8月25日(木)11時32分配信

 ホンダは25日、東京都内で新型ホンダNSXの発表会を開催。本日より購入申し込みを受け付け、2017年2月27日に発売すると発表した。価格は2370万円(税込)だ。

 ホンダNSXは、1990年から2005年まで生産された初代に続き開発されているもの。当初は2015年内の国内デビューが予定され、12年には本格的なプロトタイプが登場している。

 ホンダの八郷隆弘代表取締役社長は、発表会で「究極のスーパースポーツを創り出すことは、国籍を問わずホンダエンジニアの夢」であるとし、新型NSXを「操る喜びを追求した究極のスーパースポーツである」と表現した。

「ホンダは生活に役立つクルマ、操る喜びを追求するクルマを作ることが両輪の会社。スーパースポーツを作ることは技術面、収益面などでチャレンジになりますが、ホンダブランドのために必要不可欠であると判断しました」

「(スーパースポーツの生産を)継続して進められるよう、経営陣としても努力してまいります」
 新型NSXはV6ツインターボエンジンをミッドシップにレイアウト。高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム『スポーツハイブリッドSH-AWD』や9速デュアル・クラッチ・トランスミッションなどを組み合わせ、力強い加速や優れた回頭性を実現している。

 また、市街地からサーキットまで走行シーンに応じて4つの走行モードを任意に切り替えることで、より幅広い場面で楽しめるスーパースポーツを実現したという。

 新型NSXはすべてアメリカ・オハイオ州メアリズビルのホンダ・パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター(PMC)で生産され世界中へデリバリー。なお、国内での販売やメンテナンスはスーパースポーツのメンテナンスに必要な専用設備や、認定サービスエンジニア『NSX スペシャリスト』が在籍する『NSX PERFORMANCE DEALER』でのみのサポートされる。

 ちなみに、以前シビック・タイプRを購入できなかった八郷社長。今回の新型NSXについては「NSXを買うのはホンダ社員の夢。私も購入したいと思っていますが、すでにS660やCB400を持っており、(NSXに乗る)時間を作れるかがハードル。検討中ですね」と笑みをこぼしながら語った。

●初年度販売予定台数(国内) 100台

●全国メーカー希望小売価格
タイプ エンジン トランスミッション 駆動 消費税8%込み
NSX 3.5L V6 DOHC ツインターボ 9速DCT 4WD(SPORT HYBRID SH-AWD®) 23,700,000円

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
※自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクルなどに必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額
※アイアンブレーキローター装着車は2017年5月発売予定

○ボディーカラー(全8色)
バレンシアレッド・パール※1、ヌーベルブルー・パール※1、ノルドグレイ・メタリック※2、ソースシルバー・メタリック※2、カジノホワイト・パール※2、ベルリナ ブラック、130Rホワイト、クルバレッド

※1 バレンシアレッド・パール、ヌーベルブルー・パールは670,000円高

※2 ノルドグレイ・メタリック、ソースシルバー・メタリック、カジノホワイト・パールは85,000円高

○インテリアカラー(全4色)
エボニー、オーキッド、レッド、サドル

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月25日(木)12時26分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]