ここから本文です

楽しい夏休みを過ごしたハミルトン「苦労して勝ち取る王座こそ価値がある」

オートスポーツweb 8月25日(木)17時55分配信

 ルイス・ハミルトンは、2016年シーズンはキャリアで最も難しいシーズンであり、今季のF1タイトル獲得は、これまでの3度のタイトルよりも価値のあるものになると考えている。

複数のペナルティを一度に受けるのは、今週末のベルギーGPか

 ハミルトンは今シーズン、信頼性の欠如に悩まされている。結果としてスペインGP終了時点では、チームメイトであり、ライバルでもあるニコ・ロズベルグに43ポイントもの差をつけられていた。その後は7レース中6レースで勝利し、サマーブレイク前には19ポイント差での逆転に成功。しかしオーストリアGPでターボチャージャーとMGU-Hが使用可能な上限数の5基に達したため、今後は1レースで複数のペナルティを受ける覚悟で、シーズン最後まで戦えるだけのコンポーネント数を確保するという。

「(他のシーズンでも)好調と不調を繰り返したことはあるが、とくに今季は困難だ。僕が集中できていないとか、トレーニングや時間が足りないということが原因ではなく、外的要因によるものだからね。だけど、本当に良い経験になっているし、気持ちも強く保てているから、何が起きても対応できる」 

 今シーズンの難しさがタイトルをより価値のあるものにするかと聞かれると、ハミルトンは「そう思うよ」と答えた。

「すべての勝利に異なるストーリーがある。楽なこともあれば、難しいこともある。ストレスを多く感じるときもあるし、調子が良いときもある。すべてにおいて、違う感触を感じているんだ。勝つたびに、より楽しめるようになっている。タイトルを獲得したシーズンは、それぞれが違う道のりだった。この旅路を望む場所で終えることができれば、これまでに感じたこともないほど素晴らしい気分になれるだろう」

 ハミルトンは今季のサマーブレイクでは休息と集中のバランスを取ることを優先させたと言う。

「休暇中にトレーニングや多くのことをしすぎて、戻ったときには疲れきっていたということもあった。(2015年は)トレーニングもしたけれど、それが最優先ではなかった。たくさんの最高な人たちに囲まれて、自分のいる場所自体を楽しむことができて、素晴らしい休暇だったよ。エネルギーにあふれた状態で戻ることができた。タイトルを獲得するという最終的な目標から目をそらすことなく、世界を見て、いろいろなことをしていたいんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月25日(木)18時2分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]