ここから本文です

ニッサン、『GT-Rニスモ』の2017年モデルの発売を開始

オートスポーツweb 8/25(木) 17:02配信

 日産自動車は8月25日、ニッサンGT-Rニスモの2017年モデルを全国一斉に発売すると発表した。また、7月11日発表の『Track edition engineered by nismo』もあわせて発売を開始する。

【スーパーGTで戦うMOTUL AUTECH GT-R】

 ニッサンGT-Rニスモは、スーパーGTをはじめ世界中でニッサンのモータースポーツ活動を担うニスモの数十年におよぶレーシングテクノロジーの蓄積をフィードバックし、レーシングカーゆずりの究極のハイパフォーマンスを実現するためにファクトリーチューンを施した、『ニスモロードカーシリーズ』のフラッグシップモデルだ。

 GT-Rの17年モデルと同様、新形状のフロントバンパーが特徴で、ニスモ専用のカーボン製フロントバンパーは理想的な強度を実現。カナード形状のデザインにより大きなダウンフォースを発生させている。また、ニッサンブランドのデザインシグネチャーであるVモーションを採用し、ダーククローム仕上げを施した新デザインのグリルは、開口部の拡大によりエンジンの冷却性能を向上させながらも、バンパーサイドの形状を最適化することで、従来の空気抵抗及びダウンフォースの維持を可能にした。

 エンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能を実現。これらの改良によりニッサンGT-Rニスモの2017年モデルはこれまでのニッサン車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現している。

 またインテリアも大きな改良が加えられた。安定感を演出する水平方向の流れを採用しつつも、メーターからセンターコンソールまでドライバーを包み込むようにレイアウトすることでドライバーオリエンテッドな空間を演出。操作性にこだわったナビディスプレイは7インチから8インチに拡大され、大型のアイコンを採用することで、視認性が向上しているという。

 パドルシフトも、ステアリングホイール固定タイプに変更され、ドライバーが手を離すことなくシフトチェンジできる操舵角領域がより広くなった。

 さらに、GT-Rニスモの2017年モデルは走行性能も向上しているという。ボディ剛性の向上により、ショック、スプリング、スタビそれぞれの突き詰めたセットアップが可能となり、接地性が良好で、しなやかで正確に動くサスペンションを実現したという。

 GT-Rが採用しているビルシュタイン・ダンプトロニックは、複数の車両情報システムを活用することで、路面状況や走行条件に対して適切な減衰力と、ドライビングシーンに応じた高レベルのコントロールを可能にするモード設定型電子制御式のショックアブソーバー。今回、そのショックにニスモ専用の特別なチューニングを施すことで、600馬力を誇るパワーを路面に伝えることが可能になったとしている。

 さらにそのエンジンも、ニスモの経験と技術によって生み出されている。GT3カーであるニッサンGT-RニスモGT3で使用する高流量、大口径のターボチャージャーを搭載するGT-Rニスモ専用エンジンは、熟練した匠が専用のクリーンルームで一台一台精巧に組まれている。

 また、今回7月11日発表の『Track edition engineered by nismo』も同時に発売開始された。スタンダードモデルのGT-Rのスペックやフォルムはそのままに、GT-Rニスモのボディ剛性と足回りを融合させた特別なグレードだ。17年モデルでも継続され、GT-Rニスモのサスとホイールを搭載する。

 ニッサンGT-Rニスモの2017年モデルは、希望小売価格は1870万200円。『Track edition engineered by nismo』は1369万9800円となっている。日本が世界に誇る、最強のスーパースポーツのうちの1台なのは間違いないだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/25(木) 17:08

オートスポーツweb