ここから本文です

ボッタス、ウイリアムズF1への残留を希望「このチームで勝ちたい!」

オートスポーツweb 8月25日(木)18時46分配信

 バルテリ・ボッタスは、来季もウイリアムズに留まることを望んでいる。このチームとともにF1で達成できそうなことが、まだたくさんあると感じているからだという。 

 2010年にテストドライバーとしてウイリアムズに加入したボッタスは、2013年にレースドライバーに昇格し、その翌年にはドライバーズ選手権4位という見事な成績を収めた。その3年半の間に、彼はポディウムにも合計6回上がっているが、優勝にはなかなか手が届かずにいる。

 ボッタスと僚友フェリペ・マッサの契約は、いずれも今季末までとなっているが、ボッタスの2017年の契約については、ウイリアムズがオプション権を持つものと見られている。

 ウイリアムズでやり残した仕事があると思うかとの質問に、ボッタスは「そのとおりだ。まだ僕とチームの共通の目標を達成できていない」と答えた。

「このチームで少なくとも1度は優勝したい。近いところまでは、何度か行ったんだけどね。このチームと一緒なら、今年よりも、そして2014年よりも良い成績をあげられる可能性がある。来年もぜひここにいたいんだけど、それが実現するかどうかは、もうしばらく様子を見ないといけないようだ」


 ボッタスは、次の契約について、マネージャー任せにせず積極的に関与すると公言しており、交渉の進捗状況には満足しているという。

「チームと直接話ができるというのは、僕にとっては良いことなんだ。自分のキャリアにより深い関心を持つようになったから、交渉も自分でしたいと思っただけでね。僕とチームの関係や、コース上でのパフォーマンスには何の影響もない。ネガティブな面はひとつもないよ。どのチームのマネージャーも、本当はドライバーと直接話をしたいと思っているんじゃないかな」

「交渉をするのは嫌いというドライバーもいるけど、僕は全然オーケーだし、むしろそういう話をするのが好きだ。例年、ゴーサインが出て翌年の契約が決まるのは、9月頃になることが多い。今年も8月末の休み明けには交渉が進展し始めて、僕が来年どこでレースをするかがはっきりすればいいと思っている」

「僕の仕事は、まずコース上で最高のパフォーマンスを発揮することだ。そして、時期を見ながら、来年についての判断をすることになる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月25日(木)18時47分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。