ここから本文です

MotoGP:ロッシのチームがMoto2クラスへ。ライダーにはバニャーヤを起用

オートスポーツweb 8/25(木) 19:59配信

 Moto3クラスのアスパー・チームに所属するフランチェスコ・バニャーヤは、来季、バレンティーノ・ロッシが立ち上げたチーム、スカイ・レーシングVR46からMoto2クラスにデビューする。

 バニャーヤは2013年と2014年にVR46チームからMoto3に参戦。2015年はロッシが主宰の若手ライダーアカデミーに所属したままアスパー・チームへ移籍した。今シーズンはMoto3クラスのポイントランキング4位につけており、6月に行われたオランダGPでは初優勝を遂げた。

「スカイ・レーシング VR46で僕のキャリアの新たな節目に到達することができて嬉しいよ。Moto2への昇格は成長するための素晴らしいチャンスだ。僕にとって家族のようなチームで新しいチャレンジができることを誇りに思っている」とバニャーヤ。

 チームマネージャーのパブロ・ニエトもバニャーヤのステップアップを歓迎している。

「我々は2台のKTM製マシンでMoto3に参戦し、またMoto2にも力を注いで行く。我々はフランチェスコを再びチームに迎えられて嬉しく思う」

「バニャーヤのチームメイトに誰を迎え入れるかは今後数週間で決定するつもりだ」

 なお、スカイ・レーシング VR46がMoto2クラスでどのシャシーを使用するかは決定していない。

 またMoto2チームのライダー候補筆頭だったロマーノ・フェナティは、現在チームとの不和が原因でオーストリアGPから出場停止の処分が課せられている。

 そのためVR46のMoto3チームは来月開催されるイギリスGPからロレンソ・ダラ・ポルタを起用する。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/25(木) 19:59

オートスポーツweb