ここから本文です

mouse on the keys、新設の自主レーベルより新作EP発売&全国ツアー開催が決定

Billboard Japan 8月25日(木)15時40分配信

 世界を股にかけてインディペンデントな活動を行っているポスト・ロックバンド、mouse on the keysが、結成10周年を迎える今秋、自主レーベル<fractrec>を立ち上げることが発表された。

 また、初ライブよりちょうど10年目となる10月30日に、渋谷O-EASTにて行われる東京公演を皮切りに、過去最多都市を巡る全国ツアーを開催する。同ツアーには、日本を代表するインストゥルメンタル・ポスト・ロックバンドtoeをはじめ、OMSB、K-BOMB、Kinetic、WONK、cinema staffといった多様性に溢れたラインアップが揃っている。

 さらに、自主レーベル<fractrec>より、第一弾として新作EPを2017年1月にリリースすることも決定した。同ツアーにおいて、ERECT Magazineのアートディレクターを勤める特殊デザイナー/コラージュアーティスト、河村康輔氏によるアートワークを施した特殊パッケージ仕様が会場限定で先行発売される。

◎ツアー情報
【mouse on the keys『fractrec launch/mouse on the keys 10th anniversary』TOUR】
10/30 (SUN) 渋谷 O-EAST
11/2 (WED) 浜松 G-SIDE
11/4 (FRI) KIETH FLACK
11/5 (SAT) 福山 MUSIC FACTORY
11/24 (THU) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11/25 (FRI) 仙台 darwin
11/27 (SUN) 徳島 HOTROD
11/28 (MON) 梅田クラブクアトロ
11/29 (TUE) 伏見 JAMMIN’

最終更新:8月25日(木)15時40分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。