ここから本文です

桐山漣『曇天に笑う』金城白子役に決定!「狂気で芯のある強さ」を意識

クランクイン! 8/25(木) 11:20配信

 累計120万部を誇る大ヒットコミックスを、福士蒼汰を主演に向かえ実写化する映画『曇天に笑う』(2017年全国公開)。新キャストとして曇天三兄弟と生活を共にしている金城白子役を、桐山漣が務めることが発表された。

【関連】「桐山漣」フォトギャラリー


 本作は、明治維新後の滋賀県・大津にて、300年に一度、災いをもたらすという大蛇(オロチ)復活を阻止するために立ち上がった、曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男の曇天火、次男の空丸、三男の宙太郎の曇天三兄弟が、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)と、最強の忍者集団・風魔一族らとの熾烈な戦いを描く。

 本作でメガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督。曇天三兄弟の長男・天火役を福士、次男・空丸役を中山優馬、三男・宙太郎役を若山耀人が務める。また「犲」のチームリーダー・安倍蒼世(あべのそうせい)を古川雄輝が演じることが決定している。

 桐山が演じる金城白子は、やさしく面倒見が良い性格で、天火の親友であり、空丸や宙太郎にとっては、もう一人の兄のような存在。明治新政府を潰し、再び一族を繁栄させようとたくらむ風魔忍者の末裔であるが、一族からは追われた身である過去を持つ、影のある男だ。

 役どころについて「いろんな顔を持つ人。謎が多い役」と語る桐山は「台詞ひとつひとつを紐解いてくのが難しくもあり楽しくもありました。作品が決まってから誰よりも白子のことを考えて来た」。また、アクションについても「食事制限やトレーニング、アクションに必要なものを準備してきました。白子のどこか狂気で芯のある強さを意識して演らせてもらいました」とストイックな一面をのぞかせる。「キャスト陣が男性のみにもかかわらず、男臭くなく笑いの絶えない現場でした」と現場の雰囲気の良さを語った桐山はクランクアップを迎えており「もうすでに曇天の撮影現場が恋しくもあります」と現場が名残惜しいようだ。

最終更新:8/25(木) 11:20

クランクイン!