ここから本文です

クリス・ヘムズワース&トム・ヒドルストン、“ソー”と“ロキ”の姿で子供病院を訪問

クランクイン! 8/25(木) 15:45配信

 人気映画『マイティ・ソー』シリーズ3作目『Thor:Ragnarok(原題)』の撮影でオーストラリアにいるソー役クリス・ヘムズワースとロキ役トム・ヒドルストンが、現地の子供病院を訪問。闘病中の子供達と時間を過ごしたことが明らかになった。

【関連】『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』フォトギャラリー


 2人が訪問したのはサウス・ブリスベンのレディー・シレント小児科病院。過去に映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作を撮影中だった俳優ジョニー・デップや、トムの現恋人で7月にトムとオーストラリアに来ていた歌手テイラー・スウィフトなども訪れたことがある病院だ。

 クリスは紫のTシャツにジーンズという普通の出で立ちだが、ソーのハンマー、ムジョルニアを持参。トムはオールバックの黒髪と黒いスーツ姿で現代版のロキといった感じだ。病院での写真をそれぞれのインスタグラムに投稿した2人。トムはムジョルニアを笑顔で掲げる少年と少女を挟み、クリスと自分が写っている写真に、「“このハンマーを持つ者は誰であれ、その価値があればソーの力が与えられる!”(黒いスーツを着た変な奴は除いてね)。子供達と心に残る面会ができた。彼らこそ、真のヒーローだ」とコメントした。

 一方クリスは、持てきれなかったムジョルニアが顔を直撃してヘン顔になった“ロキ”と、それを見て笑っている“ソー”と少年の写真を投稿。「レディー・シレント小児科病院にいる世界の真のスーパーヒーロー達と会った。僕らを鼓舞する勇敢な子供達に大きなエールを」とキャプションに綴っている。

最終更新:8/25(木) 15:45

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]