ここから本文です

マリナーズ岩隈、6回3失点の粘投も9敗目 マー君に2連敗、青木はマルチ安打

ベースボールキング 8/25(木) 8:20配信

● マリナーズ 0 - 5 ヤンキース ○
<現地時間8月24日 セーフコ・フィールド>

 マリナーズの岩隈久志が24日(日本時間25日)、元同僚・田中将大との投げ合いとなったヤンキース戦に先発したが、6回3失点の粘投も報われず9敗目(14勝)を喫した。

 岩隈と田中の“楽天エース対決”はメジャーの舞台で2度目。今年4月17日の初対戦では、7回3失点の田中が7回4失点の岩隈に勝利していた。

 今季15勝目を狙う岩隈は初回、簡単に二死を奪うも、3番サンチェスに初球の直球を左翼席中段まで運ばれ先制点を許した。2回は一死から死球と安打で一、二塁のピンチを背負うと、8番オースティンに左前適時打を許し2失点目。この日は3回までに57球を要するなど、立ち上がりから制球に苦しんだ。

 4回は三塁手・オマリーの野選もあり一死満塁とされると、1番ガードナーに右犠飛を許し3失点目。それでも二塁手・カノの好守で後続を抑え、この回も最少失点で乗り切った。

 岩隈は5回も一死一、二塁のピンチを招いたが、6番ジャッジを注文通りの遊ゴロ併殺。6回はこの試合初めて3者凡退に抑え、球数はジャスト100球。苦しみながらも6回を6安打3四死球3失点にまとめ、防御率を3.81とした。

 先発として試合を作った岩隈だったが、それを上回る投球をしたのが、7回無失点で11勝目(4敗)を挙げたヤンキース先発の田中だった。

 「1番・左翼」で先発した青木宣親は、3回の第2打席で田中から左線への二塁打をマーク。8回の第4打席も代わったクリッパードから三塁線への内野安打を放ち、この日は4打数2安打で打率を.268に上げた。しかし、2度の出塁も実らずチームは完封負け。マリナーズは2連敗となり貯金は「8」に減った。

BASEBALL KING

最終更新:8/25(木) 8:22

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]