ここから本文です

ダルビッシュ、日米初本塁打も5勝目ならず マウンドでは6四死球で5失点

ベースボールキング 8月25日(木)11時19分配信

● レッズ 5 - 6 レンジャーズ ○
<現地時間8月24日 グレートアメリカン・ボールパーク>

 レンジャーズのダルビッシュ有が24日(日本時間25日)、インターリーグ(交流戦)のレッズ戦で、日米通じて初となるソロ本塁打を放った。しかし、肝心のマウンドでは6四死球と制球に苦しみ6回5失点(自責点3)。チームは勝利したが、ダルビッシュ自身は白星を逃した。

 5勝目を目指し先発したダルビッシュは、初回を3者凡退に抑える好スタート。すると2回表、7番マザラが15号3ランを放ち、レンジャーズは幸先よく3点を先制した。

 しかしその裏、ダルビッシュが3つの四死球を与え一死満塁のピンチを背負うと、8番カブレラの二ゴロの間に1点を返される。さらに、9番エイドルマンの打席で女房役のルクロイが痛恨の捕逸。三塁走者が労せずホームインし、この回は無安打で2点を返された。

 それでも3-2の5回、ダルビッシュが打席で魅せる。二死走者なしの場面で第2打席に入ると、レッズの先発右腕・エイドルマンが投じた4球目を豪快に中堅スタンドへ運んだ。

 続く1番デスモンドもソロ弾を放ち、3点リードで5回裏のマウンドに上がったダルビッシュだったが、一死から連打を浴びたあと、内野ゴロの間に3失点目。続く6回も四球絡みでピンチを作ると、適時二塁打と犠飛を許し5-5の同点に追いつかれた。

 6回ジャスト100球を投げ切ったが、この日のダルビッシュは制球が安定せず6四死球。野手陣の拙守も重なり今季ワーストとなる5失点(自責点3)を喫し、勝利投手の権利を持たずマウンドを降りた。

 それでもレンジャーズは8回、3番ベルトレが勝ち越しの適時二塁打を放ち勝利。連敗を「3」で止め、再び貯金を「21」とした。

BASEBALL KING

最終更新:8月25日(木)11時19分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]