ここから本文です

大卒採用、8割止まり 石川の製造業、計画に届かず

北國新聞社 8月25日(木)2時35分配信

 石川県鉄工機電協会が会員の製造業に実施した人員採用などに関するアンケートで、昨年度の大卒・院卒の採用実績が計画の8割にとどまったことが分かった。売り手市場が続くなか、大手メーカーに学生が流れる傾向が続いており、地元の中小企業にとって人材確保が悩みの種となっている。

 アンケートには156社が回答した。昨年度は、49社が325人の大卒・院卒採用を予定していたが、実際に採用されたのは38社257人で、計画の79%だった。短大・高専・専門学校卒の採用実績は87人で計画を2割上回ったが、大卒の落ち込みはカバーできていない。

 今年度の大卒・院卒採用計画は、58社334人となっており、前年度実績と比べて約3割多い。石川県鉄工機電協会の担当者は「前の年に確保できなかった分、今年も採用意欲は高い」とみており、県や地元大学が連携するUIターン就職増加に向けた取り組みなどに期待している。

北國新聞社

最終更新:8月25日(木)2時35分

北國新聞社