ここから本文です

アイスランドの英雄が新たな挑戦 37歳グジョンセン、インド移籍が決定

SOCCER KING 8/25(木) 16:31配信

 インド・スーパーリーグのプネー・シティーは24日、アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンを獲得したと発表した。

 公式ツイッターでグジョンセンの加入を発表したプネー・シティーは「アイスランドのレジェンドを出迎えよう!」と歓迎の意を示している。

 グジョンセンは1978年生まれの37歳。アイスランドのヴァルル・レイキャヴィークで17歳の若さでプロデビューを果たした。オランダのPSVやイングランドのボルトンとチェルシー、スペインのバルセロナ、フランスのモナコ、トッテナム、ギリシャのAEKアテネなど数々のクラブを渡り歩き、2012年からはベルギーでプレー。2014年にボルトンへ復帰し、昨年夏からは中国の石家荘永昌に所属していた。

 そして今年2月、ノルウェーのモルデに加入したが、昨シーズン終了をもって契約を満了。所属クラブがない状態となっていた。

 18歳でアイスランド代表デビューを果たしたグジョンセンは、チームの中心として長きに渡って活躍。2014年に一時は代表引退を表明したものの、昨年3月に復帰した。同月28日のユーロ2016予選カザフスタン代表戦で復帰後初ゴールを決めている。今年6月から7月にかけて開催されたユーロ2016にも参戦し、2試合に出場した。

 9月15日で38歳を迎える“アイスランドの英雄”が、新たな挑戦に向かう。

SOCCER KING

最終更新:8/25(木) 16:31

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています