ここから本文です

入団テストで契約勝ち取る! 鳴門高出身の18歳MF中尾慶心がセリエDクラブに加入

ゲキサカ 8月25日(木)18時39分配信

 直川公俊氏が副会長を務めるセリエDのFCポンサッコは25日、鳴門高出身の18歳MF中尾慶心が加入したことを発表した。同クラブの入団テストを受け、その実力を評価されて契約に至ったという。中尾は鳴門高時代に第94回全国高校サッカー選手権、全国高校総体、国体に出場。今春に同校を卒業し、海外でのプレーを模索していた。

 中尾はクラブを通じて「たくさんの方の支援で、FCポンサッコでサッカーができることを感謝しています。 早く言葉とイタリアのサッカーを覚えて試合で活躍し、チームの勝利に貢献したいです。 そして、2020年東京五輪、フル代表を目指して頑張ります」とコメントしている。

 また、FCポンサッコを率いるカルエッチェ監督も中尾に対し、「両足を器用に使えて、ボールの奪取、そしてボールをさばくプレーを高く評価している。 重要な戦力として期待しているので、一日でも早くイタリアのサッカーに慣れてもらいたい」と期待を寄せた。

最終更新:8月25日(木)18時40分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]