ここから本文です

浅野の動向を心配するハリル「ベンゲルに直接コンタクトを取った」

ゲキサカ 8月25日(木)19時13分配信

 最も気がかりなのはアーセナル移籍を果たしながらイギリスの労働許可証を取得できなかったFW浅野拓磨の状況だ。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は25日、9月1日のW杯アジア最終予選・UAE戦(埼玉)、6日の同タイ戦(バンコク)に臨む日本代表メンバー24人を発表。公式戦のベンチ入りメンバーは23人だが、FWを通常よりも多い7人招集したのは、浅野の動向が読めないからだった。

「最も難しい状況として浅野がいる。五輪が終わったあと、彼は日本に帰ってきた。だれが日本に帰ってこいと言ったのか分からないが、『休め』と言われたそうだ。私も直接、アーセン・ベンゲルに電話して、『なぜ日本で15日も20日も休まないといけないのか』という話をした」

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督に直接コンタクトを取り、浅野の状況を確認したというハリルホジッチ監督。他国クラブへのレンタル移籍が確実な状況だが、いまだレンタル先のクラブは決まっていない。

「五輪期間中にすべての問題が解決されているはずだった」。そう不満げな指揮官は日本に帰国した浅野に対し、「私たちが環境を整え、トレーニングはみっちりやった」と、代表スタッフのもとで練習を続けさせていたようだ。

「彼がどこにレンタルされるのか。ロンドンに行ったという話は聞いているが、コミュニケーションを取るのが難しい状況にある。そういうこともあり、1試合目(9月1日のUAE戦)に浅野を使えるかどうかはまだ分からない」。今後の移籍の動きによってはチームに合流するタイミングが遅れる可能性もありそうだ。

最終更新:8月25日(木)20時10分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]