ここから本文です

金崎落選の理由は…クラブでの“握手拒否”にハリル「彼の態度は受け入れがたい」

ゲキサカ 8月25日(木)19時32分配信

 異例の言及だった。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は25日、都内で記者会見を行い、9月1日のW杯アジア最終予選・UAE戦(埼玉)、6日の同タイ戦(バンコク)に臨む日本代表メンバー24人を発表。昨年11月にハリルジャパンで初招集されてから常連だったFW金崎夢生(鹿島)が落選し、その理由を指揮官が自ら説明した。

「一つ言わないといけないのは金崎夢生のことだ。リストに入っていたが、前節、残念な態度があった。日本代表の候補である選手があのような態度を取ってはいけない。それが理由で外した」

 20日のJ1湘南戦で途中交代を命じられた金崎は激高。ベンチ前で握手を求めた石井正忠監督の手を払うような素振りを見せ、不満を隠さなかった。

 これにハリルホジッチ監督も反応。「日本代表の基準として、全フットボール選手に伝えたい。このような行動を取ると、A代表には入れない」と指摘し、「彼の態度は私には受け入れがたい」と厳しい口調で切り捨てた。

「全選手に伝えたいが、こういう行動はA代表の基準に達していない。A代表にとってというだけでなく、若い人たちの良い例になるのかということだ」。模範となるべき日本代表選手としてふさわしくない態度を見せた金崎に怒り心頭で、今後の招集についても「この先のことはまったく考えてない。UAE戦の準備に集中しているので、そのあとまた考える」と話すにとどめた。

最終更新:8月25日(木)20時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。