ここから本文です

NY外為:ドル堅調,FRB議長講演控えゴールドマンは円など注目

Bloomberg 8月24日(水)23時46分配信

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は26日にワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次シンポジウムで講演するが、この講演でサプライズがあった場合に最も値動きが大きくなるのはポンドと円、ニュージーランド(NZ)ドルの3通貨だと、米ゴールドマン・サックス・グループは予想している。

ゴールドマンのアナリスト、ロビン・ブルックス氏とマイケル・ケーヒル氏の調査によれば、これら3通貨は過去3カ月において、米国とそれぞれの国の間の2年債利回りの差の変化に最も敏感に反応している。ドルにプラスとなる方向で利回り差が0.1ポイント変化した場合、ポンドは1.5%押し下げられる可能性があると調査は指摘している。

26日のイエレン議長の講演で米金利の道筋についてヒントが示されると、市場では広く見込まれており、世界的に為替のボラティリティは1カ月ぶりの高い水準に上昇している。

ブルックス、ケーヒル両氏はリポートで「最近の米金融当局者の発言の方向性は間違いなくハト派寄りだが、金融当局の今年のコミュニケーションは一貫性に欠けているといえるのも確かだ」と指摘。「ポンドと円、NZドルは、26日にサプライズがあった場合に最も大きく反応するだろう」と続けた。

24日の外国為替市場ではニューヨーク時間午後5時現在、世界の為替のボラティリティを示すJPモルガン・チェースの指数は10.31と、終値ベースで7月25日以来の高水準に並んだ。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%高。ドルは対ユーロで0.4%高の1ユーロ=1.1265ドル。対円では0.2%上げて1ドル=100円45銭。

先物市場に織り込まれる9月の利上げ確率は28%と、週初時点での24%から上昇。年末まででは54%となっている。

トロント・ドミニオン銀行のシニア為替ストラテジスト、メイゼン・アイサ氏は「取引高の面ではかなり静かで、それはつまり、たとえ小さな規模でも何かが起きた場合にボラティリティが高まりやすいことを意味する」と指摘。「ドルはここ数週間に十分売られてきており、現在のリスクは上方向のようだ」と続けた。

原題:Goldman Sees Pound, Yen and Kiwi Most Exposed to Yellen Shock(抜粋)

第6、7段落を加え更新します.

Maciej Onoszko

最終更新:8月25日(木)6時31分

Bloomberg