ここから本文です

欧州債:ドイツ債、ほぼ変わらず-5年債入札の落札利回り最低に並ぶ

Bloomberg 8月25日(木)0時56分配信

24日の欧州債市場ではドイツ国債がほぼ変わらず。利回りがゼロを下回る水準にとどまっている状況でも、5年債入札で同国債の需要に影響が表れる兆しはなかった。

欧州中央銀行(ECB)の資産購入プログラムに基づくと、ドイツ5年債は利回りが中銀預金金利のマイナス0.4%を下回っているため購入対象とはならない。にもかかわらず、約2週間ぶりの国債入札では十分な応札があり、落札利回りは過去最低に並んだ。

RIAキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ニック・スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「夏枯れを背景に供給も少ない状況で、ドイツは例外だ」とし、「ECBが大規模な国債購入を続けており、これが中立的なバイアスとなっている。需給が非常に良好な中でボラティリティは極めて低く、レンジ相場の環境にある」と語った。

ロンドン時間午後4時7分現在、既発のドイツ5年債利回りはほぼ変わらずのマイナス0.513%。同国債(ゼロクーポン、2021年10月償還)価格は102.665。6月24日にはマイナス0.635%まで下げ、これまでの最低を記録した。欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りはマイナス0.085%で、これもほぼ横ばい。今月は10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)のレンジ内で推移している。

原題:Germany’s Bonds Undisturbed as Sales Resume After Two-Week Break(抜粋)

Lukanyo Mnyanda

最終更新:8月25日(木)0時56分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]