ここから本文です

米HPインク:8-10月利益見通しは市場予想届かず-株価下落

Bloomberg 8月25日(木)5時35分配信

パソコン(PC)・プリンター販売を手掛ける米HPインクが示した8-10月(第4四半期)の利益見通しはアナリスト予想に届かなかった。製品需要の不振が背景。同社株は業績見通しを受けて時間外取引で一時5.8%下落した。

24日の発表資料によれば、8-10月期の継続事業ベースの1株利益は一部項目を除くと34-37セントになる見通しで、アナリスト予想の40セントを下回る見込み。

5-7月(第3四半期)の1株利益は一部項目を除いたベースで48セントで、ブルームバーグが集計したアナリスト予想は45セントだった。売上高は前年同期比3.8%減の119億ドル(約1兆2000億円)で、市場予想は115億ドル。

ディオン・ワイズラー最高経営責任者(CEO)は成長に乏しい成熟市場で収益性を高めようとハイエンド製品への投資を進めている。営業利益率は5-7月期に9.4%と、1年前の8.1%から拡大した。同社は昨年、法人顧客向けソフトウエア・ハードウエア事業に特化するヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)と分離した。

ワイズラーCEOはインタビューで、「やるべき仕事がまだあることは承知しており、チームがその課題にうまく立ち向かっている」と語った。

HPインクは通期1株利益が一部項目を除いたベースで1.59-1.62ドルになる見通しも明らかにした。アナリスト予想は1.62ドル。

同社の株価は年初来では22%高。24日の通常取引終値は前日比1.2%安の14.40ドル。

原題:HP Inc. Forecasts Quarterly Profit That Falls Short of Estimates(抜粋)

株価の反応やCEOのコメントなどを追加して更新します.

Brian Womack

最終更新:8月25日(木)6時36分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]