ここから本文です

【個別銘柄】非鉄金属が軟調、資生堂大幅安、協エクシオや象印は高い

Bloomberg 8月25日(木)11時50分配信

25日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

非鉄金属株:住友金属鉱山(5713)は前日比4.9%安の1271円、DOWAホールディングス(5714)は3.3%安の641円、三菱マテリアル(5711)は2.5%安の269円など。非鉄金属は東証1部業種別の下落率1位。24日のロンドン金属取引(LME)の銅相場は4営業日続落し、年初来の上げを帳消しにした。在庫の増加に加え、最大の銅消費国である中国の銅輸入が4カ月連続で減少するなど、需要低迷の兆しが示されている。三菱マについては、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が24日付で、北米セメントのストーリーを若干弱めに修正、2017年3月期営業利益予想を700億円から640億円(会社計画650億円)に減額。目標株価を300円から290円に変更した。

リクルートホールディングス(6098):5.1%安の3925円。国内と海外で普通株を最大6450万株売り出すと24日発表した。クレディ・スイス証券はリポートで、売り出し株式数(オーバーアロットメント分は除く)は発行済み株式総数の約11%となる予定で、需給ではネガティブだが、一時的な影響との見方を示している。

資生堂(4911):4.7%安の2539円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は24日付リポートで、円高による海外業績の目減りや投資増による利益成長の伸び悩み、市場期待値とのかい離の顕在化を踏まえ、エクイティストーリーは弱気を継続した。16年12月期営業利益予想は400億円から340億円(会社計画300億円)、来期は411億円から388億円に減額。投資判断は「アンダーウエート」、目標株価は2200円を据え置いた。

協和エクシオ(1951):5.4%高の1535円。大和証券は24日付で投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」、目標株価を1300円から1700円に引き上げた。モバイル工事の業績貢献が再び高まる公算と分析、NTTグループ向け受注高は4-7月累計で前年同期比10%増と計画を大きく上回るペースと指摘した。

1/3ページ

最終更新:8月25日(木)15時18分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]