ここから本文です

バンドーン「マクラーレンがだめならほかのチームへ行く」

TopNews 8月26日(金)11時48分配信

ストフェル・バンドーンが、もし2017年にマクラーレンのシートを得られなければ、ほかのチームへ移籍することになるだろうと語った。

■いまだ不透明なマクラーレンの来季ラインアップ

昨年のGP2チャンピオンであるベルギー出身のバンドーンは、現在マクラーレンの控えドライバーを務めている。そしてすでに今季のF1第2戦バーレーンGPで負傷欠場となったフェルナンド・アロンソに代わってF1デビューを果たし、見事に10位に入賞してチームに今季初ポイントをもたらしたという実績も持っている。

うわさでは、来季は現在36歳のジェンソン・バトンに代わって24歳のバンドーンがアロンソのチームメートになる可能性が高いとも言われている。

だが、マクラーレンでは来季アロンソとともに戦うのがバンドーンになるのか、あるいはバトンがもう1年走ることになるのか、まだ決定を行っていない。

■バトン残留ならマクラーレンから離脱するとバンドーン

そんな中、母国で行われるベルギーGP(28日決勝)を前に、バンドーンは地元のフランス語紙『La Derniere Heure(デルニエール・ウール)』に次のように語った。

「僕の契約は2016年で切れる」

「つまり、僕は今かなり気楽な位置にいるんだ。もし彼ら(マクラーレン)が僕に2017年にはF1で走れると保証することができなければ、僕はほかのチームに行くことができるんだからね」

その「ほかのチーム」とはルノーのことを指しているのかと質問されたバンドーンは次のように答えた。

「そうだね、あるいはほかのチームかもしれないよ。まだ決まっていないシートもあるしね。だけど、これ以上は話せないんだ」

「ひとつだけはっきりと言えることは、僕は来シーズンにはF1で走らなくてはならないということさ。そして、心から、それがマクラーレンで実現することを期待しているよ」

最終更新:8月26日(金)11時48分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。