ここから本文です

デンゼル・ワシントンが新作法廷劇への主演を検討

ぴあ映画生活 8月26日(金)14時24分配信

デンゼル・ワシントンが、『Inner City』への主演を検討している。『ナイトクローラー』で監督デビューを果たしたダン・ギルロイが書き下ろした法廷ものだ。

その他の情報

ワシントンが演じることになる主人公は、企業弁護士。ストーリーは明らかにされていないが、ポール・ニューマンの『評決』のような感じの映画になりそうとのことだ。物語の舞台はロサンゼルス。

ワシントンの次回作は、来月北米公開される『マグニフィセント・セブン』。今作はヴェネツィア映画祭のクロージング、トロント映画祭のオープニングを飾る。また、12月には、ワシントンが主演と監督を兼任する『Fences』が控える。ワシントンとヴィオラ・デイビスがブロードウェイで演じて絶賛された舞台劇の映画化で、映画でも再びデイビスと共演する。

文:猿渡由紀

最終更新:8月26日(金)14時24分

ぴあ映画生活