ここから本文です

あす猛烈な強さ 台風10号 大東、きょう暴風恐れ

琉球新報 8月26日(金)0時36分配信

 非常に強い台風10号は25日午後9時には南大東島の南約260キロにあって、ほとんど停滞している。沖縄気象台によると台風は大東島地方近海で停滞しながら勢力を強め、27日には猛烈な強さとなって北東に進む見通し。南大東島寄りに進んだ場合、大東島地方は26日夜以降に暴風となる恐れがある。25日は本島と周辺離島を結ぶ海の便で6便が欠航した。
 大東島地方は28日まで非常に強い風が吹く恐れがある。沿岸は26日、波の高さが7メートルの大しけとなる。気象台はうねりを伴う高波、落雷や突風、急な強い雨に警戒を呼び掛けている。
 台風10号の中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。中心から半径90キロ以内は風速25メートル以上の暴風が吹いている。
 台風周辺の海面水温が高く、発達を続ける。27日午後3時には中心気圧920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速55メートル、最大瞬間風速75メートルまで勢力を増すとみられる。
 海の便は25日、本島と伊是名、座間味、渡嘉敷を結ぶ計6便が欠航。26日に出発予定だった那覇と南北大東を結ぶ便が、出発を30日に延期した。空の便に影響はなかったが、26日は琉球エアーコミューター(RAC)の那覇-南北大東の5便が気象状況により目的地を変更するなど「条件付き運航」となる恐れがある。

琉球新報社

最終更新:8月26日(金)0時36分

琉球新報