ここから本文です

スマスマさらなる暗雲…キムタクと香取ペアにできず、ゲスト拒否タレント続出

東スポWeb 8月26日(金)6時2分配信

 ジャニーズ事務所の国民的人気アイドルグループ「SMAP」が、解散を発表してから初めてとなるバラエティー番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の収録を24日、都内で行った。この日は人気コーナー「ビストロSMAP」の収録が2本撮りで実施され、メンバーの間で孤立する木村拓哉(43)に対し「最も怒っている」といわれる香取慎吾(39)の“禁断の組み合わせ”は避けられたという――。

 司会進行役である中居正広(44)を除いたメンバー4人が2対2に分かれて料理対決をする「ビストロSMAP」の収録が2本撮りで行われ、1本目のゲストはブラジル・リオデジャネイロ五輪柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋(21=東海大)だった。

 最大の注目ポイントは「いったいキムタクと誰が組むのか」だった。解散の原因が“SMAP育ての親”I女史の独立に、木村だけが付いていかずジャニーズ事務所残留を表明し、中居、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(42)、香取との間に大きな溝が生まれただけに、気になるのも当然だ。

 芸能プロ幹部は「1本目の収録で木村と組んだのは稲垣だと聞いた」と明かす。

 確執が表ざたとなり、さまざまなメディアで報じられているSMAPの“人間関係図”では、稲垣は木村と唯一連絡が取れるメンバー、といわれている。4人の中では、最も“木村に近かった”といえる存在だ。

「解散発表後、初めての収録をスムーズに進める意味で、木村と稲垣を組ませたのでは。もちろん信頼関係は崩壊しているが、とりあえずソフトランディングという形をとったのでしょう」(同)

 またこの日、2本目の収録のゲストは弁護士で元大阪府知事、元大阪市長の橋下徹氏(47)だったという。

「そこでの組分けは木村と草なぎ、稲垣と香取というペアだと聞いた」(同)

 解散発表後、最初の収録では、やはり「木村&香取」というペアを避けた。香取はI女史を最も慕っていたといわれ、今回、活動休止ではなく解散を強硬に主張したとされるだけに、木村とは“禁断の組み合わせ”と見られても仕方がない。

「さすがにこのタイミングで木村と香取を組ませるのはまずいという判断をしたのでしょう。視聴者も『この2人が組むの?』と思ってしまいそうだし、硬い表情で料理する2人を見ることもファンは望んでいないだろう」(同)

 この“配慮”が功を奏したのか、収録はこれまでよりも明るい雰囲気で進んだという。

 別の芸能プロ関係者は「1月にSMAP分裂騒動が明るみに出て以来、『スマスマ』の現場で木村は孤立し、他の4人とは全く口をきいていない。その点は、今回も一緒だったようだけど、ゲストに対しては明るい雰囲気で接していたらしい」と明かす。ただ、不安材料がないわけではない。

 この日は何とか「ビストロSMAP」2本分の収録を終えたが、今後のゲストについて頭が痛い問題が残っている。

「ゲストとして出演することに二の足を踏む芸能人が多い。解散が決まってギスギスしているグループの番組に、進んで出演したがる人はいないから。出演をオファーしても断られるケースが続出しているんです」(フジ関係者)

 この日のベイカーのように、芸能界のしがらみとは関係のないスポーツ選手や、橋下氏のような細かいことを気にしない強気な人物しか出演しない状況だという。番組終了まであと4か月、スタッフはゲスト探しに奔走する日々となりそうだ。

最終更新:8月26日(金)7時47分

東スポWeb