ここから本文です

10代LGBT向け動画が切なすぎる 当事者以外も「泣ける」と共感

withnews 8月26日(金)7時0分配信

 10代のLGBTに向けて作られたメッセージ動画が、「切なくて泣ける」と人気です。ある男の子の秘めた恋を描いた作品ですが、当事者以外にも共感が広がっています。制作者に話を聞きました。(朝日新聞東京社会部記者・原田朱美)

【イラスト】思わせぶりなノンケ男性の一言あるある

恋する10代LGBTへ

 動画「確信」は、3分25秒の歌とアニメーションです。
 作ったのは、LGBTに関する情報発信をする団体「やる気あり美」。
 「恋する10代LGBTへ」という副題がついています。

 物語は、あるゲイの男の子の前に、神様がやってくるところから始まります。

 「神様が言いました 『クラスに 君と同じゲイがいます 誰だか当てられたら 付き合えるよ』」

 男の子は、「誰だ!?」と推理を始めますが、考え始めると、どいつもこいつも疑わしい。

 「お前が女だったら付き合ってるわ」と、ポツリと言った彼?
 
 それとも、席替えで「やった またお前の隣だ」と喜んでくれた彼?
 
 もしや、「お前 絶対笑った方がいいよ」と笑顔をほめてくれた彼?

 すると神様は、1本の羽根をくれます。

 「どの子かを決めたら この羽根で 肌をひとなで してごらん
 真実が 現れるだろう」

 男の子は、もう決めていました。「彼」に違いないと。
 
 自分だけに秘密を打ち明けてくれる、仲良しの彼。
 
 そうであって、ほしかった。

 放課後、羽根で、そっと彼の腕をなでます。

 でも、何も起こりません。
 そして、羽根も神様も、消えてしまいました。
 
 曲は、こう続きます。

 「彼じゃないとしたら 誰だ?

 探したけど それじゃ 意味がなかった
 好きなのは 彼一人だけで 
 他の誰かじゃ だめだった

 この恋は 秘めておきましょう 
 彼とは 友達のままでいるんだ
 恋を抜きにしても 彼が好きだ 
 思わせぶりな人だけど

 その目が その手が その言葉が 
 僕を振り回してるなんて 
 知りもしないでさ」

 物語の終盤、卒業式の場面。

 「俺まだ お前と一緒に いたいなー」。

 最後まで彼は、思わせぶりなことを言います。もう男の子は、心の中で号泣です。
 
 でも、ぐっとこらえ、「元気でね!」と、明るく別れを告げます。

1/2ページ

最終更新:8月26日(金)7時0分

withnews