ここから本文です

裕太容疑者逮捕で母・高畑淳子さんが謝罪 事件を起こしたのは「彼の甘さ」

THE PAGE 8/26(金) 11:20配信

 俳優の高畑裕太容疑者が強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕されたことを受け、母・高畑淳子さんが26日午前、都内のホテルで会見し、「大変迷惑をおかけした。大変なことをしてしまった。本当に申し訳ない」とおわびした。

【中継録画】高畑裕太容疑者が逮捕 母・高畑淳子さんが記者会見

 25日の裕太容疑者との接見で、番組の差し替えやドラマの撮り直しなど仕事面で迷惑をかけている現状を説明。裕太容疑者は「申し訳ない、申し訳ない」と繰り返し、震えて泣くばかりだったという。「死のうと思った」という言葉もあったと明かした。

 淳子さんからは「大変なことをしてしまったね。一生かけて謝らないといけないね」と諭し、「どんなことがあってもお母さんだから」と伝えたという。

 裕太容疑者には「危ういところがあった」と振り返る。学校を遅刻したり授業中寝たりなど規律を守れない傾向があったという。女性に対しても「芸能界に入って、これまで見たことのない綺麗な人を見て浮かれていたことはみなさんもご存知だと思う」と語った。ただ「ちょっと変わった子」ではあったが、女性トラブルもなく、こうした問題への危機感はなかったと説明した。

 なぜ事件を起こしたと思うかについては「彼の甘さだと思う」と即答。教育については「精一杯やったつもりだが、こうなった以上なにも言うことはできない」と述べた。裕太容疑者の芸能界復帰については「してはいけない」ときっぱり語った。

 事件以来、まともに寝ていないという淳子さんは、登場しておじぎをした後、よろけるような場面も。会見はマイク1本で立ったまま行われ、時折、涙で声をつまらせた。

■全編動画
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=IkfTvLkSHEk

最終更新:8/26(金) 17:05

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。