ここから本文です

視認性に優れ、1.5秒で起動する小形プログラマブル表示器

MONOist 8月26日(金)7時55分配信

 IDECは2016年8月3日、小形ながら中形表示器レベルの解像度と基本性能を備えた、4.3インチ小形プログラマブル表示器「HG1G形」を発売した。

 HG1G形は、制御盤の小形化のニーズに応えるもので、さらにネットワーク機能を充実させたことにより、食品・包装機器、充填機器などさまざまな機械装置のIoT(モノのインターネット)化やインダストリー4.0化に貢献するという。

 高解像度(480×272ドット)、高輝度(800cd/m2)、6万5536色のカラー液晶採用で、見やすく操作もしやすくなっている。起動時間は1.5秒とクラス最速。USBメモリを挿入するだけで自動的にメニュー画面が立ち上がるオートラン機能を備えている。

 外部インタフェースは、イーサネット、USB Type-A、Type-mini B、RS-232C/RS-422(485)などを搭載。FTPサーバ機能で表示器のデータをアップ・転送したり、履歴データを読み出したりすることも可能だ。Webサーバ機能により、専用アプリがなくても表示器の画面をタブレットやスマートフォンから遠隔監視・操作できるので、日々の現場状況把握から異常事態への対処までサポートする。また、電子メール送信機能の無償ソフトウェアアップデートを、近日予定しているという。

 使用周囲温度は-20~55℃。保護性能IP66F/IP67Fに対応しており、ホースでの洗浄など強い直接噴流や、一時的な浸水にも耐えられる。バックライト寿命は標準7万時間と長期間の使用が可能だ。

最終更新:8月26日(金)7時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]