ここから本文です

Web解析とアンケート調査を連携、顧客の態度・心理変容を分析する「Smart Analytics」提供開始

Web担当者Forum 8月26日(金)7時6分配信

デジタルソリューションサービスの電通アイソバーは、アンケート調査とWeb解析のデータを紐づけて、顧客の態度・心理変容を分析するサービス「Smart Analytics」の提供を開始する、と8月25日発表した。Smart Analyticsは、Web解析のデータにアンケート調査の回答を連携し、興味度や好感度、購入意向などアンケートの回答内容でユーザーをグルーピングし、グループがサイト内でどのように行動したかを把握して、Webサイト内のコンバージョンと態度・心理変容との関係を検証できるという。

Smart Analyticsは、顧客体験を向上するためにゴール達成までの態度・心理変容を目標指標として設定することで「企業が望む顧客の態度・心理変容の計測」ができる。「ボトルネックの発見と施策の貢献度の可視化」では、顧客の心理状態をWebサイト内の行動分析で検証し、態度・心理に変化を与えた原因を探ることができる。さらにアンケートの回答内容ごとのグループをWebサイト訪問者の行動データの比較から「潜在顧客や有料顧客の条件を発見」することができる。

最終更新:8月26日(金)7時6分

Web担当者Forum