ここから本文です

えッ、タトゥーだらけ!『ハリポタ』ビクトール俳優、超ワイルドイケメンに!

シネマトゥデイ 8月26日(金)5時30分配信

 映画『ハリー・ポッター』シリーズでブルガリア生まれの魔法使いビクトール・クラムを演じた俳優のスターニスラフ・イワネフスキーが、長髪にヒゲをたくわえ、さらに体には多くのタトゥーというかなりワイルドな姿へと変貌を遂げていた。

【写真】イケメンマッチョ化したネビル…

 ダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンらメインキャストたちが今も変わらず映画界で活躍する一方で、気付けばがらりとイメチェンを果たしたキャストもちらほら。ハリーのさえない友人ネビル・ロングボトムを演じていたマシュー・ルイスがイケメンマッチョ化したり、ハリーのいとこである太っちょのダドリー・ダーズリーを演じていたハリー・メリングが激ヤセしてファンの間で話題となっていた。

 そして今回、注目を浴びているのが、シリーズの第4弾『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)で、魔法のほうきで空を飛び行うスポーツ「クィディッチ」のブルガリア代表チームの選手であるビクトール・クラム役を務めたスターニスラフ。劇中ではスポーツ少年らしく丸刈り頭が印象的だった。

 あれから約11年……。現在31歳のスターニスラフがInstagramにあげた写真では、かなりのロングヘアーにヒゲもふさふさ、そして極めつけは腕から肩や背中にかけてタトゥーが施されており、とんでもなくワイルドに変身していた。スターニスラフは『ハリポタ』以降、『ホステル2』(2007)などに出演しているほか、ブルガリアのテレビドラマを中心に活躍している。(編集部・石神恵美子)

最終更新:8月26日(金)5時30分

シネマトゥデイ