ここから本文です

台湾の証券取引、ネット経由が全体の半数以上に

中央社フォーカス台湾 8月26日(金)12時57分配信

(台北 26日 中央社)台湾証券取引所は22日、各証券会社の今年7月末までの取引のうち、インターネットを利用した証券取引の比率が51.7%に達したと発表した。昨年の比率は48.3%だった。

同取引所は政府の方針に合わせて、この比率を引き上げるためのキャンペーンを1月1日から9月30日まで実施。期間中、ネット取引の比率と取引額の伸び率がそれぞれ50%と5%を上回った証券会社のうち、取引額の伸び率が前年同期比で高かった上位5社を10月下旬のイベントで表彰する。

また、来年からは同キャンペーンに加えて、投資家や教育機関に対するPRも強化する予定で、2020年までにネット取引の比率を70%に高めたいとしている。

(田裕斌/編集:杉野浩司)

最終更新:8月26日(金)12時57分

中央社フォーカス台湾