ここから本文です

日本郵便、越境ECの小型荷物をEMSより安価に配送する「国際eパケットライト」を開始

ネットショップ担当者フォーラム 8/26(金) 11:01配信

日本郵便は10月1日から、越境EC事業者向けに「国際eパケットライト」の取り扱いを試行的に開始する。小型の物品はEMSより安価に海外発送できるようになる。

「国際eパケットライト」は、長さ、幅、厚さの合計が90cm以内で、長さは最大60cmまで、重さ2kgまでの荷物を海外に送ることができるサービス。追跡サービス付きで、2週間程度で受取人の郵便受箱へ配達する。

書留扱いの「国際eパケット」よりも安い料金で利用できる。料金体系は以下の通り。

当初は6か国・地域(米国、香港、韓国、シンガポール、ベトナム、ニュージーランド)でサービスを展開するが、順次拡大する予定。

対象国宛ての引受局は、東京都内の22局(新宿、中野北、成城、東京国際、杉並南、本郷、神田、上野、浅草、豊島、大森、渋谷、世田谷、板橋、中野、日本橋、千歳、赤坂、葛西、麹町、足立、東京多摩郵便局)としている。

最終更新:8/26(金) 11:01

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。