ここから本文です

ロビン・ヒッチコック、10年ぶりの来日公演が決定

CDジャーナル 8/26(金) 17:03配信

 伝説のバンド、ソフト・ボーイズの結成から早40年。81年のバンド解散以降もシュールでサイケデリックな音楽世界で、世界中の音楽ファンを魅了しているロビン・ヒッチコック(Robyn Hitchcock)の10年ぶりの来日公演が決定。ロビンのパートナーであり、シンガー・ソングライターのエンマ・シフトとともに、2016年10月15日(土)東京・南青山MANDALAのステージに立ちます。

 ロビン・ヒッチコックは1953年ロンドン生まれ。アメリカのカレッジ・チャートを中心にカルト的な人気を誇り、R.E.M.、ヨ・ラ・テンゴ、ソニック・ユース、ポウジーズなど、多くのアーティストに影響を与えてきました。父親のレイモンドは日本でも『ミスター・パーシー』が出版された有名な奇想作家 / 画家で、幼少時のロビンはタイムマシーンの製作に夢中になっていたなど、数々の奇行でも知られています。1998年には、『羊たちの沈黙』『フィラデルフィア』『ストップ・メイキング・センス』などのジョナサン・デミが監督したドキュメンタリー映画『Storefront Hitchcock』が公開されました。

最終更新:8/26(金) 17:03

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]