ここから本文です

吉田羊主演の日本版「コールドケース」永山絢斗、三浦友和ら勢ぞろいのポスター完成

映画.com 8月26日(金)8時0分配信

 [映画.com ニュース] アメリカの人気ドラマ「コールドケース」の日本版で、吉田羊が連ドラ初主演を飾るWOWOWの連続ドラマW「コールドケース 真実の扉」のポスターが完成。あわせて、役どころは明らかにされていないが、宮沢和史、藤澤恵麻、平田薫が出演していることが発表された。

 ポスター撮影は、ドラマ撮影にも使用されている、未解決事件の資料が入った段ボール約3500個を並べた地下資料庫で行われた。シャツの袖をまくり、凛々しい表情を見せる吉田を中心に、レギュラーキャストの永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和が一堂に会している。

 オリジナルの「コールドケース」は、アメリカで2003~10年に全7シーズンが放送された人気刑事ドラマ。未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を追う捜査チームの活躍を描いた大ヒット作だが、アメリカ国外でリメイクされるのは今作が初。日本版では、神奈川県警捜査一課でチームをけん引する女性刑事・石川百合(吉田)が、事件に関わる人々に寄り添い、真相へと突き進むさまを描き出す。

 「連続ドラマW コールドケース 真実の扉」(全10話)は、波多野貴文監督がメガホンをとり、脚本は瀬々敬久、蓬莱竜太、林宏司が担当する。10月22日午後10時からWOWOWで放送。第1話は無料放送。

最終更新:8月26日(金)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。