ここから本文です

「イージーマイショップ」がバージョンUP、翻訳機能、問い合わせ管理機能などを追加

ネットショップ担当者フォーラム 8月26日(金)12時6分配信

ショッピングカート「イージーマイショップ」のシステムリサーチは8月26日、「イージーマイショップ」のバージョンアップを実施した。翻訳機能、問い合わせ管理機能、副管理者機能などを追加した。

「イージーマイショップ」は、安価な料金設定ながらオーダーメイドで機能追加できるショッピングカート。5000店舗以上のネットショップが実稼働し、店舗増加と並行して個々の店舗売上も拡大。全体の流通金額は前年比で2倍を超えているという。

新たに追加した翻訳機能は英語、中国語、フランス語、ドイツ語など100種類を越える言語に対応した翻訳サービスを、ネットショップへ簡単に導入できるもの。

提供されるコードをコピー&ペーストで専用の入力欄に貼り付けるだけで、ネットショップ上に言語切替ボタンとして表示する。「プルダウン形式」や「タブ形式」などを選択でき、表示する場所もドラッグ&ドロップで自由に変更できる。

問い合わせ管理機能も追加し、イージーマイショップで受け付けた販売商品、ショップに関する問い合わせ内容が一覧表示できる画面を管理画面内に新設。問い合わせ内容は「未対応」「対応中」「対応済み」とステータスで管理することで、対応漏れを防止できる。

ネットショップ運営スタッフごとに使用権限を付与できる機能も新たに追加した。

今後もネットショップが求める新たな機能の開発を進めていく考えで、利用店舗の売上拡大につなげていく考え。

最終更新:8月26日(金)12時6分

ネットショップ担当者フォーラム