ここから本文です

日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

レスポンス 8月26日(金)8時45分配信

J.D.パワーアジア・パシフィックは8月25日、2016年日本自動車初期品質調査の結果を発表。トヨタがブランド別ランキングでトップとなったほか、セグメント別でも3セグメントで1位を獲得した。

[関連写真]

調査は新車購入後2~9か月経過したユーザーを対象に233の項目にわたってユーザーの不具合経験を聴取した。調査項目は外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッションの8カテゴリー。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。調査対象車両は全16ブランド、134モデルで有効サンプル数が100サンプル以上のモデルをランキング対象とした。

調査結果によると、ブランド別では、トヨタが62PP100で1位となった。2位はダイハツ(64PP100)、第3位はホンダ(69PP100)となっている。

車両セグメント別モデルランキングは、軽自動車の1位はホンダ『N-BOX』、ダイハツ『キャスト』が2位、同『ミライース』が3位。コンパクトはトヨタ『アクア』が1位、『ポルテ』と『ヴィッツ』が同スコアで2位となった。

ミッドサイズはトヨタ『カローラ』が1位、スバル『フォレスター』が2位、『インプレッサ』が3位。ミニバンはトヨタ『ヴェルファイア』が1位、ホンダ『フリード』、トヨタ『シエンタ』が同スコアで2位となった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月26日(金)8時45分

レスポンス