ここから本文です

パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団の“R.シュトラウス: 交響詩チクルス”第2弾がリリース

CDジャーナル 8/26(金) 17:03配信

 2016年9月、NHK交響楽団首席奏者としての2シーズン目をスタートさせる指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ(Paavo Järvi)。P.ヤルヴィ&NHK交響楽団の録音プロジェクト“R.シュトラウス: 交響詩チクルス”の第2弾として、2015年10月に催された“パーヴォ・ヤルヴィ首席指揮者就任記念”と題された演奏会での3曲をそのままライヴ録音した『R.シュトラウス:交響詩チクルス2~ドン・キホーテ、ティル・オイレンシュピーゲル、ばらの騎士』(SICC-19020 3,000円 + 税)が8月31日(水)にリリース。

 「ドン・キホーテ」「ティル・オイレンシュピーゲル」「ばらの騎士」は、いずれもP.ヤルヴィいわく“一風変わった人物たち”をR.シュトラウスが精緻に活写した音楽。3曲とも、P.ヤルヴィにとっては初録音です。「ドン・キホーテ」では、ノルウェーの大チェリストにしてP.ヤルヴィが全幅の信頼を寄せる盟友(すでにエラート・レーベルに共演録音あり)のトゥルルス・モルク(Truls Mørk)が独奏を担います。モルクにとっても、本アルバムが初の「ドン・キホーテ」レコーディングです。サンチョ・パンサ役(ヴィオラ独奏)はN響首席奏者の佐々木亮が務めます。N響がP.ヤルヴィの指揮にくらいつき、物語が圧倒的な俊敏さで蘇る「ティル」、しなやかで引き締まった「ばらの騎士」の鮮烈な名演があわせてDSDレコーディングされており、SA-CDマルチ(5ch)も収録のほか、50ページにわたる充実のライナーノーツには気鋭のシュトラウス研究者・広瀬大介執筆の曲目解説およびパーヴォのコメントなども掲載されます。

 P.ヤルヴィとN響は、9月8日(木)の〈N響90周年記念特別演奏会~マーラー「一千人の交響曲」〉から10月6日(木)の〈N響90周年&サントリーホール30周年 パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団特別公演〉まで、5つのプログラムによる10回の演奏会を予定。また11月25日(金)~12月5日(月)にかけては、P.ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンとの2年ぶりの日本ツアーが実現します。この日本ツアーでは、ソリストにベルリン・フィルの第1コンサートマスターを務めるヴァイオリニストの樫本大進が迎えられます。

最終更新:8/26(金) 17:03

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]