ここから本文です

真板潔が今季2勝目 倉本昌弘は39位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8/26(金) 16:46配信

◇国内シニア◇広島シニアゴルフトーナメント 最終日◇広島カンツリー倶楽部 西条コース(広島)◇6624yd(パー71)

イ・ボミも石川遼も!キーワードで探そう ピックアップフォトギャラリー

4位から出た真板潔が「66」でプレーして米山剛、冨永浩と通算10アンダーで並び、プレーオフに突入。真板が三つどもえのプレーオフを制して、今年7月の「那須霞ヶ城シニアオープントーナメント」に続く、今季2勝目を飾った。

通算9アンダーの4位に高松厚、フランキー・ミノザ(フィリピン)、呂文徳(台湾)の3人。通算8アンダーの7位に湯原信光、平石武則、白浜育男、崎山武志の4人が続いた。

初日首位の渡辺司はイーブンパーの「71」として、通算7アンダーの11位。前年覇者の倉本昌弘は「68」でプレーして、通算3アンダーの39位でフィニッシュした。

最終更新:8/26(金) 16:46

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]