ここから本文です

さくらインターネットとABEJA、「さくらのIoT Platform」で連携しセキュアなAI解析基盤を提供

Web担当者Forum 8/26(金) 18:16配信

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットとディープラーニング技術のABEJAは、業務提携の一環として「さくらのIoT Platform」と「ABEJA Platform」をAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)経由で接続し、2016年冬をメドに両者のユーザーに利用できるようにする、と8月26日発表した。両プラットフォームの連携により、さくらのIoT Platformを利用するユーザーはAPI経由でAI解析技術を使うABEJA Platformに接続し、さくらのIoT Platformが蓄積したデータを有効活用できるようになる。ABEJA Platformを新規で導入するユーザーは、さくらのIoT Platformの閉域網を経由し、セキュアな通信環境の提供が可能になり、より安心してABEJA Platformを利用できるようになるという。

さくらインターネットは、通信環境とデータの保存や処理システムを一体型で提供するIoTのプラットフォームであるさくらのIoT Platformの2016年度中の提供を予定している。ABEJAのディープラーニングを活用した情報の収集・解析・可視化のサービスABEJA Platformは、小売・流通業界を中心に店舗運営の改善に関するソリューションを提供している。さくらインターネットは、さくらのIoT Platformと他社サービスとの連携を推進し、IoTで実現したいことを可能とするサービスを目指す。ABEJAは、IoTセンサーと連携したABEJA Platformのデータ通信をセキュアに利用できる環境を提供していく。

最終更新:8/26(金) 18:16

Web担当者Forum