ここから本文です

ANA岩国-那覇線、10月運航終了へ 再就航未定

Aviation Wire 8月26日(金)19時16分配信

 全日本空輸(ANA/NH)は、岩国-那覇線の運航を夏ダイヤ最終日となる10月29日で終了する。10月30日からの冬ダイヤでは運航せず、2017年夏ダイヤ以降での再就航は未定。

 同路線は3月27日に、1日1往復で運航を開始。2012年に岩国空港が開港して以来2路線目の定期路線で、山口東部と広島西部から、沖縄への送客を狙っていた。運航は同日から始まった2016年夏ダイヤ期間のみで、冬ダイヤ以降は需要動向を見て判断するとしていた。

 岩国空港を管理する山口県によると、冬ダイヤでは運航しないことが決定。来年の夏ダイヤ以降での再就航も未定だという。

 運航機材はボーイング737-800型機を投入。最終日となる10月29日は、那覇行きNH1267便は岩国を午前11時に出発し、那覇には午後1時に到着する。岩国行きNH1268便は那覇を1時50分に出発し、岩国には午後3時40分に到着する。


岩国-那覇線の旅客・提供座席数と搭乗率(Aviation Wire作成)
 ANAでは70%の搭乗率を目指したいとしていた。運航を開始した当初の3月は65.2%だったものの、4月は59.9%、5月は45.4%、6月は36.8%と伸び悩んでいた。

 岩国空港は2012年12月23日、日本で2番目の軍民共用空港として開港。2016年夏ダイヤでは、ANAが羽田から1日5往復を運航している。冬ダイヤでも1日5往復の運航を継続する。

---運航スケジュール---
NH1267 岩国(11:00)→那覇(13:00)
NH1268 那覇(13:50)→岩国(15:40)

Yusuke KOHASE

最終更新:8月26日(金)19時16分

Aviation Wire