ここから本文です

高畑淳子、憔悴の謝罪 裕太容疑者に面会「本当に申し訳ありません」

デイリースポーツ 8月26日(金)5時59分配信

 宿泊していたホテルの40代女性従業員に性的暴行を加えケガをさせた疑いで、23日に強姦(ごうかん)致傷罪で逮捕された、俳優・高畑裕太容疑者(22)の母親で女優の高畑淳子(61)が25日、群馬・前橋警察署を訪れ、拘置されている裕太容疑者と面会した。淳子は憔悴(しょうすい)しきった表情で、報道陣に「本当に申し訳ありません」と謝罪。接見後の取材対応はなかったが、26日に会見を開き、あらためて心境を語る。

【写真】裕太のためにひたすら謝罪 目は落ち窪み疲労の色も濃く…

 取り返しのつかない過ちを犯した愛息の元へ駆けつけた母親には、疲れの色がにじみ出ていた。午前8時30分、自身の所属事務所の社長と共に到着した淳子は、カーディガンにワイドパンツを合わせた上下とも黒の装い。髪の毛は束ねて、化粧っ気はほとんどなかった。手には裕太容疑者へ差し入れたとみられる白いシャツを握っていた。

 待ち受けていた報道陣20人の前で立ち止まり、「本当に申し訳ありません」と頭を下げて謝罪。「これから初めて本人に会いますので、明日詳しいことを皆さまにお話しできると思います。よろしくお願いします。ご容赦ください」と続けて再び深々頭を下げると、「息子さんにはどんな言葉を?」など矢継ぎ早の問いかけには応えず、署内へ入った。淳子は裕太容疑者の逮捕後、これまでコメントしていなかった。

 約1時間半、滞在した淳子は面会後、報道陣が待機する場所とは別の裏口から車に乗り込んで帰路へ。車窓はカーテンが閉じられ、車内の様子はうかがえず、裕太容疑者の様子や“再会”した感想を語ることはなかった。

 捜査関係者によると、25日早朝に淳子側より署へ面会の申し出があったという。規則で面会時間は最長15分間と定められており、淳子も所定の手続きを終えてから15分程度、不肖の息子と顔を合わせたとみられる。

 裕太容疑者の逮捕を受けて、淳子は当面の仕事をキャンセル。自身の出演CMの一部は放映中止になった。順調だった女優業に影響が及ぶ中、26日に都内で会見し、“容疑者の母”としての苦しい胸中を明かす。

最終更新:8月26日(金)6時37分

デイリースポーツ