ここから本文です

【順位】マクラーレン・ホンダ、後半戦は最下位からのスタート/F1ベルギーGPフリー走行1回目

TopNews 8月26日(金)19時20分配信

F1ベルギーGPフリー走行1回目が終了した。

ホンダパワーユニットはアップデートを投入、期待と注目が高まる中の走行となったが、フェルナンド・アロンソはトラブルにより3周のみの走行となり、ノータイムで終えている。

●【P1速報】マクラーレン・ホンダに不安 アロンソにトラブル発生/F1ベルギーGP

ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)は18番手タイムで終えた。

■F1ベルギーGPフリー走行1回目
1 N.ロズベルグ メルセデスAMG
2 L.ハミルトン メルセデスAMG
3 K.ライコネン フェラーリ
4 S.ペレス フォース・インディア
5 S.ベッテル フェラーリ
6 D.リカルド レッドブル
7 M.フェルスタッペン レッドブル
8 N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア
9 V.ボッタス ウィリアムズ
10 E.グティエレス ハース
11 R.グロージャン ハース
12 F.マッサ ウィリアムズ
13 M.エリクソン ザウバー
14 C.サインツ トロロッソ
15 F.ナッセ ザウバー
16 E.オコン マノー
17 D.クビアト トロロッソ
18 J.バトン マクラーレン
19 P.ウェーレイン マノー
20 K.マグヌッセン ルノー
21 J.パーマー ルノー
22 F.アロンソ マクラーレン

最終更新:8月26日(金)19時26分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。