ここから本文です

大竹しのぶ、親友の故・中村勘三郎さんの思いを継ぐ「がっかりさせない舞台を」

スポーツ報知 8月26日(金)15時3分配信

 大竹は2012年に亡くなった歌舞伎俳優の18代目中村勘三郎(本名・波野哲明)さんと親交が深く、告別式では弔辞を述べている。

 「野田(秀樹)さんも含め仲間なんですけど、哲明さんの芝居を見ては、私も頑張らなくちゃいけないと思っていました。私の芝居を見て、良しあしの本当のことを言ってくれる数少ない友人の一人でした。今は見に来られないけど、彼ががっかりするような舞台をしてはいけないと肝に銘じています」

 ◆大竹 しのぶ(おおたけ・しのぶ)1957年7月17日、東京都生まれ。59歳。74年にフジテレビ系「ボクは女学生」の一般公募でドラマ出演。75年に映画「青春の門」のヒロイン役で本格的デビュー。同年、NHK「水色の時」に出演し、国民的ヒロインとなる。78年に「事件」などで報知映画賞最優秀助演女優賞を受賞し、その後は日本アカデミー賞や菊田一夫演劇賞など映画、演劇界で数々の賞を受賞。2011年には紫綬褒章を受章した。88年に明石家さんまと再婚し、89年に長女(IMALU)をもうけるが92年に離婚。血液型A。

最終更新:8月26日(金)17時50分

スポーツ報知