ここから本文です

高雄市、秋田県と国際交流の覚書締結 双方の発展願う/台湾

中央社フォーカス台湾 8月26日(金)16時13分配信

(台北 26日 中央社)南部・高雄市の陳菊市長と秋田県の佐竹敬久知事は25日、高雄市内で、国際交流での協力を進める覚書に調印した。陳市長は、今後双方が観光や教育、文化、農業などの分野で実際に手を組み、ウインウイン(相互利益)の関係を築いていければと期待を示した。

高雄と秋田の接点は、29年前に澄清湖と田沢湖が「姉妹湖」になったことにさかのぼる。高雄が2009年の「ワールドゲームズ」開催地に選ばれた際には、同市は2001年に同大会を開催した経験がある秋田県を参考にし、多くの貴重なアドバイスをもらった。陳市長は、双方には地形や県民・市民性など多くの共通点があり、縁が深いと話す。

過去に何度も高雄を訪れている佐竹知事は、高雄の発展と市政の繁栄は目を見張るものだと称賛。秋田には豊かな自然と農産物があることを紹介し、秋田観光をアピールした。

(編集:名切千絵)

最終更新:8月26日(金)16時13分

中央社フォーカス台湾