ここから本文です

リオ五輪から帰国 小池都知事が定例会見(全文2完)新市場の安全性精査中

THE PAGE 8/26(金) 17:50配信 (有料記事)

オリンピックの関連について

フジテレビ:フジテレビのマチノと申します。オリンピックの関連でお伺いしたいんですけれども、オリンピックの大会の基本計画に、大会期間中の持続可能な飲食サービスということがありまして、ロンドン大会以降に、漁業の国際認証である、MSC認証の食材を使用する流れがあります。この中で東京大会においても魚介類はMSC認証のもののみを使用したほうがいいかなど、知事のお考えございましたら、お聞かせ願えればと思います。

小池:ありがとうございます。私も環境問題、ずっと取り扱って、こういった世界の流れ、動き、そして各国でいろんなNGOが活発にこの件についても活動をしております。ロックフェラー財団なども非常に熱心に取り組んでいる1つだと聞いております。そういう中でこのMSC、国際認証でありますけれども、こういう中で、東京2020年においては環境負荷を低減するという点、それから持続可能性に十分配慮したものにするということが重要であると、こう認識しております。食材の調達、水産物のね、食材の調達については大会組織委員会で、今、専門家であるとか、業界関係者などの意見を広く聞いておられると、このように伺っております。

 で、そこでご指摘のありましたMSCなどの認証への対応、それから国産食材の活用を含めて持続可能性に配慮した調達基準を検討中というところでございます。で、そこで都としてどうかっていうことなんですけれども、大会の組織委員会、国、そして例えば環境省なども入ってくるし、農水省も入ってくるかと思いますけれども、持続可能性に配慮するということは、これは大変必要なことだと思いますし、東京はじめ、日本の安全でおいしい水産物の魅力を発信をしていきたいと考えております。

 これについてもいろんな団体が動いておりまして、いかにして海の資源を守るかという、いろんな観点があるんですけれども、そういったことについて、私たち日本というのはまさしく水産、海に囲まれた水産国であり、おすし大好きな国民ですから、そういった点には特に配慮すべきだと、私はこのように思っております。

THE PAGE:すいません、インターネットのニュースサイト、THE PAGEの具志堅といいます。築地の問題についてお聞きしたいんですけれども、あらためてなんですけれども、リオの五輪の視察後に意見のほう、ご意向のほうをあらためて表明されるということでしたけれども、あらためていつぐらいのタイミングで、どのような形で発表されるのかというのを、教えていただけませんでしょうか。

小池:はい。リオは行ったり来たりしてるわけでありますけれども、今いろいろと情報をさらに収集をいたしております。そしてその、結構情報が入り乱れている部分もございますので、そこを精査した上で、その上で総合的に判断したいと思います。ただ、いろいろと日程的なことについて、私も熟知をしておりますが、しかしながら決まった日程で、そのまま進めていいのかどうかっていうことも含めて、私は総合的に精査をするということを、何度も申し上げているところです。

 それから今日ちょっと、私がかつて3人の女性議員と一緒に2008年の段階で「東京WOMEN大作戦」なんていう、こんな共著を出しておりまして、そこで私は当時から東京を環境先進都市にしたいと、地球温暖化対策であるとか、大気汚染等々、これらについて私、3人で分け分けして書いた本なんですけども、ここで築地市場のことを書いているんです。それは安全性を重視しろということを書かせていただいておりまして、8年前に書いています。ですから急に都知事になるからといって、言っているのでなくて、そのころから認識を持っていたので、ぜひ、もう廃版になっているかもしれませんけれども、お探しいただいて、お読みいただければと、このように思っております。

THE PAGE:いつぐらいをめどにされますか。本文:12,678文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/29(月) 14:36

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。