ここから本文です

石川遼が10アンダー単独首位 ツアー初挑戦の弟はホロ苦最下位

ゴルフ情報ALBA.Net 8月26日(金)16時38分配信

<RIZAP KBCオーガスタ 2日目◇26日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)

強い石川遼が帰ってきた!バーディで歓声に応える

 福岡県にある芥屋GCで開催中の、国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」の第2ラウンド。6アンダーの首位からスタートした石川遼が5バーディ・1ボギーの“68”で4つスコアを伸ばしトータル10アンダー単独首位でホールアウトした。1打差の2位タイにブラッド・ケネディ(オーストラリア)、小田龍一がつけている。

 この日の石川は3番パー3でバーディを先行させると、6番のパー5で2つ目のバーディを奪取。後半は11番でボギーを叩くも、直後の12番パー3から3連続バーディを奪って単独首位に浮上した。

 今大会がツアーデビュー戦でトータル10オーバーの最下位から2日目をスタートした弟の石川航は、ノーバーディ・7ボギー・2ダブルボギーの“83”でトータル21オーバーフィニッシュ。135位で最下位を抜け出せず、ツアーデビュー戦はほろ苦い結果となった。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月26日(金)16時38分

ゴルフ情報ALBA.Net