ここから本文です

武部力也の週間為替相場見通し~「緩和3年円安」の後始末を読み始める局面

ZUU online 8月26日(金)18時20分配信

■ドル円予想レンジ 99.10- -102.30

「うーん・・。日銀だけに(景気回復を)頼るのも無理があるんだよな・・。」-。これは金融政策に精通する懇意の代議士から先日、聞いた弁だ。しかし7/29の日銀金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁は「マイナス金利あるいは量的緩和に限界がきたということは、全くないと考えています」と強気の発言をしている。

では、9月の日銀金融政策決定会合での「総括的な検証」で、いったい何をしようとしているのだろうか。

■総括的検証とは何だ?

日銀は、次回9/20-21の金融政策決定会合で、2013年4月からの黒田政策を振り返り、自らの政策を検証するとしている。検証の理由は、デフレ脱却が道半ばだからである。そこで筆者は、「総括的な検証」で何を行うか、2つ推考した。

1つは、現策の軌道修正、強化、若しくは新たな策を追加公表することである。無難な予想は債券買入れ規模や対象の債券の拡大だ。そして以前も示したが「量」「質」「金利」に「時間」を加え、現在の「2017年度中に2%」という物価目標時期をずらす可能性である。

安倍首相は6/1に消費増税10%への引き上げ時期を2019年10月に先送りした。しかし、これは現行の自民党の党則では、安倍首相の任期満了後になる。現在、安倍自民党総裁(首相)の任期延長に向けて党則の改正論が報じられている。ならば、黒田総裁の任期後に達成時期を延長するとした論も浮上しておかしくはないのではないか。

2つ目は、異次元緩和での副作用として発生した円安が物価や経済にプラスの効果を及ぼしたのではなく、今後は円安主導で経済にプラス効果をもたらすことを明示するのではないかと推考する。2013年4月の異次元緩和開始時の1ドル95円水準を脅かしている現状、円安がもたらしたデフレ脱却効果は剥落観を強めている。

他方、主要中銀総裁らが自国通貨安を歓迎する姿勢とは対照的だ。黒田総裁の矜持に関わるかもしれないが残りの任期約20ヶ月を考えると「円安歓迎」とした市場対話の強化も検証のひとつとして挙げられるのではないか。

■来週の見通し

8/29週のドル円上値焦点は日足一目均衡表雲の帯(103.79-104.84)が圧迫するなか、まずは8/22高値100.95超、8/15-16-17高値圏101.18-29-47が第1目標。8/12高値102.29アプローチが課題だ。

下値焦点は100円台維持、8/18、19、23安値99.93-85-63が意識され99.50割れは2013/11/12-14安値圏99.12-08が視野となる。99円維持が失敗すると98円前半、2013/11/7安値97.60までの下押し拡大を推考している。

武部力也
岡三オンライン証券 投資情報部長兼シニアストラテジスト

最終更新:8月26日(金)18時20分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]