ここから本文です

【P2速報】レッドブル1-2 マクラーレン・ホンダはトップ10復帰/F1ベルギーGP

TopNews 8月26日(金)23時55分配信

2016年F1第13戦ベルギーGPが8月26日(金)、スパ・フランコルシャン・サーキット(全長7.004km)で開幕。現地時間14時(日本時間21時)から行われたフリー走行2回目でレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップに立った。

●【P2セクタースピード】マクラーレン・ホンダ、セクター3で1-2/F1ベルギーGP

気温30度、路面温度が最高41度にも達するというスパ・フランコルシャンとしては珍しい高温状態でのセッションとなったフリー2では、メルセデスAMG勢が一番軟らかいスーパーソフトタイヤを温存する作戦を取る。

そんな中、レッドブル勢が速さを見せ、ベルギー生まれのオランダ人であるフェルスタッペンが1分48秒085のトップタイムを刻み、地元のファンの歓声を受けた。2番手にはチームメートのダニエル・リカルドが入り、レッドブルが1-2体制を築いた。

以下、3番手にニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、4番手にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、5番手にセルジオ・ペレス(フォース・インディア)が続く展開となった。

マクラーレン・ホンダ勢は、現地時間午前中に行われたフリー1でトラブルに見舞われたフェルナンド・アロンソがパワーユニットを交換してこのセッションに臨み、トータル30周を消化し、順位は12番手だった。また、フリー1では18番手タイムにとどまったジェンソン・バトンがこのセッションでは9番手に入り、トップ10圏内でベルギーでの初日を終えている。

6番手から10番手までの結果は次の通り。6番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、7番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、8番手ロマン・グロージャン(ハース)、9番手バトン、10番手エステバン・グティエレス(ハース)。

F1ベルギーGPフリー走行3回目は、明日の日本時間18時にスタートする。

最終更新:8月27日(土)0時25分

TopNews