ここから本文です

(街頭政治 SEALDsが残したもの:8)異論許さぬ空気と戦った

朝日新聞デジタル 8月26日(金)11時30分配信 (有料記事)

 今月16日にあった解散会見で、SEALDs(シールズ)関西を立ち上げた寺田ともか(23)が語った。
 「私たちが伝えたかったのは誰かに期待するのではなく、個人が自分の責任において行動することの必要性だった。普通の未熟な学生で、ヒーローみたいに社会を変えたいわけでも、完璧な運動体を作りたかったわけでもない」
 メンバーは各地のデモや集会で名前を名乗り、自分の言葉で語った。中心メンバーの一人、山本雅昭(27)も「等身大の自分をさらけだすことは怖い。みんなそれと戦った」。
 活動中、メンバーには批判や中傷が吹き荒れた。……本文:2,500文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月26日(金)11時30分

朝日新聞デジタル

【生中継】小池百合子都知事の会見

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。